髭脱毛の手段はサロン・クリニック・自宅の3つ!徹底比較!

剃っても生えてくる鬱陶しい髭とさよならしたいと考えている人は少なくありません。

髭を生やすことでワイルドさや渋さを与えますが、多くの会社では社内規則で髭を生やすことを許されていないからです。

しかし、髭は1日経てばポツポツと生えだすため、毎日剃らなければいけないという手間がストレスとなることもあるでしょう。

これらの不満や悩みから開放されるために脱毛をする男性が増えてきておりますが、実は脱毛手段はサロン・クリニック・自宅といった様にあらゆる方法で脱毛することができるので紹介していきたいと思います。

脱毛サロンは「光脱毛」

マッサージをされる男性

脱毛サロンがメインで行っている脱毛方法として光脱毛が挙げられます。

光脱毛というのは、簡単に言うと光を毛に当てて焼き切ることで毛を生えにくくさせる脱毛方法です。

光には複数の波長があり、この波長が黒色のメラニン色素に反応して衝撃波となって熱を生み出して毛の細胞ごと焼いていくことになります。

光脱毛の特徴として、照射範囲が広いという点があります。

照射範囲が広いと髭だけでなく身体全体の脱毛にも向いているので、全身の脱毛をしたい人に好まれている脱毛方法です。

また、照射する際にどうしても熱を生み出してしまうので、痛みは伴ってしまうものなのですが、レーザー脱毛と比べると痛みは少なく済みますので痛みに耐性が無い人や敏感肌の人には光脱毛が良いでしょう。

脱毛クリニックは「レーザー脱毛」

眉毛をレーザー脱毛される男性

脱毛クリニックで行っている脱毛方法はレーザー脱毛と呼ばれ、3つ紹介する中では一番効果が期待できる脱毛方法です。

レーザーは単一の波長を持ち、毛が持つメラニン色素に対して強力な衝撃波を放つため、

なるべく短期間で脱毛したいということであれば、レーザー脱毛を選ぶといいでしょう。

しかし、効果が高いだけに痛みも大きくなってしまうことも知っておかなくてはなりません。

効果が高いということは、毛の細胞に与える熱量も大きくなることを指しているので、その分熱による痛みも増えてしまいます。

クリニックによっては麻酔を別料金で行ってもらえるところもありますし、以前に比べると比較的痛みが無くできるレーザーを導入しているクリニックが増えていますので、痛みに弱い方がいれば麻酔を使ってみる、どのぐらいの痛みがあるのかカウンセリングの際に相談してみるということも一つの手段として考えておきましょう。

自宅での脱毛は「家庭用脱毛器」

案内する男性

自宅で脱毛をする場合は、サロンやクリニックで行う施術とは違い家庭用脱毛器に分類される器具を使って脱毛を行います。

基本的にレーザー脱毛は医療行為に分類されるため、家庭では使うことができないので光脱毛となります。

また、家庭用の脱毛器はサロンでの脱毛施術の際に使われる機器よりも照射レベルが低く設計されていますので、効果は一番低いものだと言えるでしょう。

しかし、サロンやクリニックのように月に1回や数ヶ月に1回足を運ぶという必要はなく、したいときに自宅で簡単にできるという特徴を持っています。

スタッフや人の目が気になるということや仕事が忙しくて夜遅くまであいているサロン・クリニックが無いという人であれば家庭用脱毛器がおすすめです。

3種類の脱毛にかかる値段比較

お金をならべる

3種類の脱毛方法それぞれで、一体どのぐらいになるのかおおよその値段を比較するために、有名なサロン・クリニック・脱毛器を3つピックアップしてみました。
このピックアップした店舗・機器の値段をそれぞれ平均化したもので値段設定に差があるかどうか比べてみましょう。

脱毛クリニックの値段平均

  • ゴリラクリニック 74,304円 
  • 湘南美容外科クリニック 29,800円
  • 共立美容外科 108,000円

ゴリラクリニックは4年間無制限のコースが一番安くなるためそちらを採用させていただき、クリニック全体で平均すると平均値 70,701円となりました。

脱毛サロンの値段平均

  • RINX 46,200円
  • メンズリゼ 58,800円
  • BOWZE 51,840円

脱毛サロンでは5回コースの値段を元に有名サロン3店舗をピックアップしました。
平均すると52,280円です。

家庭用脱毛器の値段平均

  • ケノン 69,800円
  • no!no!forMEN 34,191円
  • トリア 54,000円

家庭用脱毛器は機器ごとによって照射できる回数が大きく違いますが、口コミからも人気のものを3つピックアップしたので多少の値段のばらつきがでてしまっているのが印象的です。
値段平均は52,664円となりました。

こうみると、やはり効果が高いだけあって脱毛クリニックでの施術が一番費用がかかるということがわかります。
脱毛サロンと家庭用脱毛器の値段の差というのは見た目上あまり見えませんが、サロンは5回コースの値段で家庭用脱毛器は機器本体の値段となっているので、使い続けていくことを考えると家庭用脱毛器が一番コスパの良い方法だということになります。

まとめ

髭を脱毛する手段として用いることができるのはサロン・クリニック・自宅の3つで、それぞれ特徴があり、値段も変わってくるということがわかりました。

やはり効果がそれだけ高くなってくると費用もかかってくるため、自分の中でどのような目的で、またはどのぐらいの期間までに脱毛できれば良いのかを逆算して必要な方法を用いていきましょう。

関連記事

永久脱毛をすると一生髭が生えてこなくなるの?どんな方法なの?

【自宅で髭脱毛するならコレ!】脱毛効果が高い脱毛器具ベスト3

髭の脱毛を除毛クリームでするのは間違っている?正しい脱毛法とは?

髭の脱毛を効率良く行うには回数を重ねることに意味がある!

自宅で髭脱毛をするなら覚えておきたいたった一つの方法とは?